2013年12月14日(土曜日)

今日は友人達と茨城に鮟鱇を食べに行く事になっている。

午前9時半、いつものように武蔵小杉駅近くの路上で友人達と待ち合わせピックアップ。

そのまま、中原街道を上がり、首都高2号線から6号線、更に常磐自動車道へと進む。

途中、駒形辺りで渋滞に引っかかったが、概ね順調に茨城まで行けた。

常磐自動車道の「友部サービスエリア」でトイレ休憩を。

このサービスエリア・・・それも下り側にしか売っていない、というロールケーキを購入。

名前を「王様のまくら」という・・・・。

中に入っているクリームは、それほど甘みは強くはない。 外の生地はシュー皮のような作りであった。

常磐自動車道から北関東自動車道に入り「ひたちなか」インターチェンジで降りる。

まずは昼ご飯を食べようという事になり店を物色。

昼ご飯の後は立ち寄り湯に行き、晩ご飯までのんびりする計画なので、立ち寄り湯の近辺が便利か・・・という事で立ち寄り湯のある阿字ヶ浦へ行くことに。

「友部サービスエリア」にて。 食堂「ごとう」 友人O治夫妻 Gおじさん メニュー1
メニュー2 ホタテのバター焼き 海老フライ 阿字ヶ浦の立ち寄り湯「のぞみ」


すると、その立ち寄り湯の隣に宿泊施設の付いた食堂(「ごとう」)を発見。

海が目の前にあるので、当然と言えば当然なのだが、魚を主体にした食堂のようであったので、入ってみることに。

店内にはその日の朝に上がったヒラメなどが水槽で泳いでいた。

夏は海水浴客を相手にしているようで、海水浴用の道具なども売っていた。

さすがに12月ともなるとお客もおらず、のんびり海を見ながらの昼ご飯を食べることができた。

夜の料理を考え、私は海老フライ定食に。

この海老フライも大きさが3種類あり、2番目に大きな「シータイガー」だったと思うが・・・・それをフライにして貰った。

有頭海老の状態で出てきて、全長は30cmはあろうかと言う大きな海老であった。

他の友人達は海鮮丼を食べていた。

昼ご飯をのんびり食べてから、隣にある立ち寄り湯の「のぞみ」に行く。

私は体調も余り優れなかったのもあり、風呂はパスして、大広間で寝ていた・・・・・前の晩、2時間ほどしか寝ていなかったのもあったが・・・・。

そこで、夕方4時半までのんびりと過ごした。

阿字ヶ浦から、晩ご飯を食べる予定の大洗まで移動。

ちょうど予約を入れてある5時にお店(「たけちゃん」)に到着。

ここでのメインは、鮟鱇であるが、それ以外にも沢山の魚料理が出てきた。

鱈の南蛮漬け、ワタリガニ、刺身4種盛り、鮟鱇の共酢和えなど。 私は飲まないので、1人だけ、味噌汁とご飯を貰い、刺身などをおかずにしてご飯を食べていた。

最後に、たっぷりの鮟鱇鍋の登場。

鱈の南蛮漬け 鮟鱇の共酢和え 刺身(マグロ、ヒラメ、太刀魚、白魚) ワタリガニ 食べております。
酔っております 私のご飯とシジミの味噌汁 メインの鮟鱇鍋 できあがっております。


鮟鱇は当然、生臭さも無く美味しかった。 鍋もそうだが、共酢和えも、鮟鱇の色々な部位を食べさせてくれる。

鮟鱇は捨てるところが無いくらい、どこもかしこも食べられる魚だというのは知っていたが、それでも食感も味も違う部位を色々と楽しめたのが良かった。

そこで3時間ほど食事をし、飲んでお開きに。

その後は、ひたすら帰路に。

帰りも渋滞に巻き込まれることもなく、午後10時過ぎ、無事に到着。


To Home!