無題 名前: 管理人 [2018/10/04,19:35:02] No.18551
今日の午前中のリハビリは 入院してから初めての 外歩きでした。

理学療法士さんがちゃんとついてきてくれ、病院を出て新宿駅の方へ 歩きます。

そんな大した距離はない、と見舞いに来てくれた友人たちは口をそろえて言っていたので、 楽勝だと思ったんですが 、本当にきつかったです。

歩道やアスファルトの道路は なだらかな坂になっていたり、段差があったり当たり前の事なんですが、そこを義足で乗り越えるのが結構気を使います。

それに当然、新宿の駅前ですので、 前から人がいっぱい来て、それを避けながら歩かなきゃいけないので、それに気を配るのも神経が疲れました 。

結局40分ぐらいかけ新宿駅からぐるっと回って帰ってきて 終わりましたが、 本当に疲れてしまいました。

結局、病院の中での歩行訓練と全然異質なものであるのが今更ながらに理解できて、明後日退院した後の家の周囲を歩くのがよほど気をつけないと危ないな、というのも実感できました。

最初はもう杖がなくても歩けるかな、と思ったのですが、それはあくまでも室内での話で、 外に出るときは杖が絶対必要なのも、今日認識できました。

ゆっくりと着実に危険なく歩行訓練をやっていこうと、今はそういう考えに変わりました。


[返信しないで戻る]