2006年4月8日(土曜日)

今日は以前より念願であった伊豆高原の桜のトンネルを走りに行くことになった。

相棒は・・・いつものように、かぷ主さんである。

朝7時に集まって、そのままいつもと同じように東名高速に乗り、小田原・厚木道路、その後、箱根ターンパイクから伊豆スカイライン経由で、まずは大観山サービスエリアで一休みをして暖かい飲み物を・・・。さすがに標高も高いせいかここは寒い・・・・σ(^_^;)アセアセ...

その後、冷川インターチェンジ近くの「峠の茶屋」に寄り、開店の10時を入口で待ち、一番乗りで店内に。

箱根ターンパイクの方の桜のトンネル? 大観山にて休憩 同じく 「峠の茶屋」の桜の木の下で 特製・みそでんがく(食べかけでスミマセン・・)
おおざるそば とろろ丼とそばのセット これが伊豆高原の桜のトンネル(3km続いている)


私はとろろ丼と蕎麦のセット、それにイチゴジュース(絞り立ての牛乳と地のイチゴを使用)を選び、かぷ主さんはざるそばの大盛りを取り、コンニャクの味噌田楽(味噌も自家製)を二人で取って、分けて食べた。

いつもの事ながら、ひなびた風情の店内は妙に落ち着くのであり。 いろりには薪がくべてあり、パチパチと赤く燃えているのも、何とも言えずいいものである。

峠の茶屋からは、目的の伊豆高原へ。

そこには、街道沿いに桜の枝が3kmに渡って、道路を覆っており、まるで桜のトンネルのようになっているのである。

が・・・ちょっと時期的に遅く、だいぶ花は落ちてしまっていたが、それでも十分、その感動は味わえた。

昔、一度、桜の時期でははない季節に来た事があって、いつか・・自分もオープンカーを買ったら、ここをオープンで走りたい、と思っていたので・・今回、その夢が果たせた\(o⌒∇⌒o)/。

桜のトンネルを満喫した後は、伊豆高原からほど近い所にある「高原の湯」という立ち寄り湯に行き、露天風呂に浸かって一休み♪

天気は良いのだが、雨が降る、と言う変わった状況の中で入る露天もまた格別であった。

そこで一息ついた後は、オープンにしたまま、ひたすら東伊豆の海岸線を南下。

途中、余りの風の強さに、被っていた帽子が飛ばされてしまった・・Σ( ̄□ ̄ || 〒 ||

1つしかないのに・・・・・。

その後、河津から中伊豆に入り、ループ橋を渡って、今度は深い森の中を走る。 伊豆は海と山と一度に楽しめるので便利である♪

湯が島の辺りだろうか・・余りの風の強さに、一旦、ビートルの幌を閉める事にした。

幌を閉めてみると、かぷ主さんが、突然「あ・・・帽子があったぞ。 飛ばされて、運良く幌に挟まっていたみたいだよ。」

幌を閉めたら、車内にぽろりと・・・ ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャであった♪

そこからは、函南にある「オラッチェ牧場」に行き、早めの晩ご飯を食べる事にした。

隣に牛乳工場があり、敷地内には地ビール工場も併設されている牧場である。

工場直送のミルクを飲んだのは言うまでもないが・・・ビールは・・・運転があるので、止めておいた・・・σ(^_^;)アセアセ...

函南の「オレッチェ牧場」 同レストランよりの風景 絞り立て(低温殺菌)のミルク ポークチョップカツレツのセット(¥1,450) 駿河湾地鶏のハーブムニエルのセット(¥1,450)
芦ノ湖畔にて 同じく 芦ノ湖に沈む夕日


函南からは一旦、箱根に抜け、芦ノ湖をぶらぶらしてから、帰路に。

合計で12時間、走行距離360kmほどの行程であった。


To Home