外食日記 本文へジャンプ
2011年8月23日(火曜日) 「えん」 自由が丘店


アラカルト 1人約5,000円


ナスの煮浸し とろろかけ 400円

この料理の前に「叩きキュウリのガーリック和え」が出ていたのですが、写真を取り忘れました。
ナスはしっかりと冷えて前菜にはもってこいでした。


舟盛り(2〜3人前) 1,900円

魚はどれも脂が乗っていて美味。 これならもう1ランク大きいのを頼めば良かったの声が。

吸 物  
柔らかい鶏と夏野菜が甘酸っぱいタレに浸かっていてさっぱりとしていて、いくらでも食べられる味でした。

 
厚切りベーコンの炙り 880円

今月(?)のこの店のお勧めのようです。 確かに厚く切ったベーコンの旨みが余すところなく味わえた一品でした。


豚の唐揚げ カレー風味 

この店に行くと必ず食べる定番メニューの1つです。 どうということは無いのですが、なぜか郷愁を誘う味です。 他の友人は「給食に出てきそうな味だね」との事ですが・・・

湯葉のチーズ包み揚げ

これは湯葉の良さが余り出ていない残念な一品になってしまいました。 海苔の味とチーズの味が勝ってしまっておりまして・・・

牛すじの黒コショウ煮込み

牛スジをあっさりと炊いているのですが、不思議と臭みが無いのです。 普通ですと濃い味噌味でぐつぐつと煮込んだりしますが、黒コショウのさっぱりした味でいいですね。 冬瓜も良い具合に煮えております。

満願寺唐辛子の和え物

これも一緒に会えてあった昆布の佃煮のお陰なのか、唐辛子が甘くて。


生麩の田楽

生麩のグルテンのクニュクニュした感触が楽しい逸品です。 ゴマを練り込んだものとヨモギを練り込んだ物の2種類のようです。 そして味噌もそれぞれ違った味に仕上げてありました。

てこねメンチカツ

これは普通のメンチでしたが、みんなどうしてかメンチがあると注文したいようです。


活〆の穴子の天ぷら

やけに肉厚の穴子でした。 でも、中まで柔らかく、そしてジューシーで美味しかった。


小エビとアボカドの七味マヨネーズ

アボカドのこってりとした味にぴりっと辛い七味マヨネーズが合いますね♪


蟹と三つ葉のだし巻き卵

写真を撮り忘れて、食べかけになってしまいました・・失礼! でも、これでも「寄せて上げて」いるのですけれど・・・・


やまと豚の味噌かす焼き

ちょっと焦げた部分がまた甘辛くカリッとしていて美味しいんです。


にんにく飯

もちもちしたご飯にニンニクの風味が良い感じ合っていました。 お腹が一杯でしたが、これはまた入りました。

友人

友人

パトカー

帰り道、横浜の某所で対向車線を走っていたパトカーが急に赤色回転灯を付けてUターンをして来て、私の後ろを走っていたマーチを停めました。 マーチには若いカップルが。車はレンタカーのようです。 警官が2人降りて来てトランクを開けさせていましたが、別に違反切符を切る訳でもなく、数分、4人で立ち話をしてお終いになりました。
一体、何だったのでしょう・・・・f(^ー^;