外食日記 本文へジャンプ
2011年12月10日(土曜日) 「ビストロ・ポップコーン」


晩秋の魚尽くしディナー(4,200円)


秋野菜と海の幸のグリル (帆立貝、白身魚、鮭、海老,マグロ)
5種の野菜と5種のソース


右から「鮭」「白身魚」「マグロ」「ホタテ貝」「海老」である。


上の前菜のアップ。

ソースがそれぞれ違った味になっており、楽しい。 

 
同じく前菜のアップ

 
真鱈の白子と広島産牡蠣のポアレ 野菜の袴を添えて

とろとろの白子と牡蠣・・・あっさりとしたソースなので素材の味がよく分かる。


鱈とキノコの漁師風サフランスープ

こちらはトマトベースのスープで体が温まる。

車海老と白身魚のムース 糸より鯛包み焼き ゆり根のクリームソース

クリームスープが優しい味である。

柿のグラニテ

柿の果肉が入ったシャーベット。 口直しに。

牛サーロインステーキ 秋の野菜を添えて

たっぷりのキノコが嬉しい一品。

ラフランスのアイスクリームと安納芋のモンブラン

ねっとりとした食感の安納イモのモンブランとさっぱりとしたラ・フランスのシャーベットの対比が良かった。

一緒に食事をした友人たち

土曜日の午後7時になると始まるアコーデオンの生演奏。