外食日記 本文へジャンプ
2012年6月9日(土曜日) 「ポップコーン」


「初夏のディナー」

魚介と初夏のフルーツのサラダ仕立て ワインビネガーソース

貝類と夏みかんを1つに盛ったものと、姫サザエが乗っている。 サザエをケチャップベースのソースで食べるのは初めてだが、これがいける。

周囲に放射状に並んでいるのはりんごである。 


平貝のバター焼き、濃厚クリームソース

肉厚の平貝が良い。 掛かっているソースもクリーム系のがっちりした味で淡泊な平貝の味を引き立ててくれる。

 
フルーツトマトの冷製スープ

夏のコースは必ずこの冷製スープが出てくる。 下に氷水が入っていて冷たさを保持してくれるのが嬉しい。

トマトのスープは柔らかい味。

 
アユのコンフイィ と 白身魚と野菜のグラタン 木の芽(山椒)のソース

柔らかくなっている鮎は当然、頭から骨まで全てを食べることができる。

ほろ苦いキモの味が良い。 塩焼きとも違い、表面はカリカリになっていてその食感も楽しめる。
タンシチューと初夏の野菜  赤ワインソース

タンが柔らかく良い味である。 オクラなどの夏野菜も火をサッと通してあるだけで、その食感も残してある。 赤ワインのソースがタンに良く合っている。


パッションフルーツのグラタン と チエリーのシャーベット

パッションフルーツをそのまま使っているデザートは初めてだ。 (大抵、シャーベットなどに加工されて出てくるので)。 その鮮烈な酸味は料理の最後に出てくるのは(口直しの意味でも)とても良い。

チェリーのシャーベットはとろりとしたその甘みが嬉しい。

 
友人K


 
友人の「局長」夫妻


友人のジャスタウェイ♪



來來亭」の「餃子定食」(880円)

これは昨日の昼ご飯。

チェーン店であるが、ここのラーメン・・・美味しい♪ 汁は濃厚な豚骨ベースなのだが、くどくて飽きてしまう、と言うこともなく、さっぱりとした感じで最後まで食べ進める事ができた。 チャーシューは薄い三枚肉で作ってあるようだが、味が元々それほど染みこんでいないようだ。 それでも、ラーメンの汁に浸かり、ちょうど良い感じの味付けになる。 このチャーシュー、ご飯のおかずにちょうど良い。 

上記書き込みの訂正です・・(;^_^A アセアセ…
ここのスープは「京都風醤油味の鶏ガラスープ」だそうです。 豚骨ベースではありませんでした。