外食日記 本文へジャンプ
2012年10月13日(土曜日) 「大時茶屋」

◆◆「大時茶屋」

住所 静岡県賀茂郡河津町梨本1197ー17登尾

営業時間  10:00〜20:00

定休日 不定休

電話 0558−35−7338


「ミニカツ丼」(500円)、 ざるとろろそば(1,000円)

店内

店に入ったのが午前10時57分頃だったので・・・まだ、他にお客さんは居なかった。

と、言うか・・食べ終わったのがちょうど12時だったが・・・・それでも1人も居ない。

偶々だろうが・・・・

1人でのんびりと食べられるのは良い。 

料理が出てくるまでに、約30分ほど掛かるが・・・・その間も、のんびりとできる。

で、問題が・・・

飲み放題で「わき水」と謳っている「お冷や」がちょっと・・・。

この冷水器の水は・・・チーが書いているように・・・注意が必要だ。

時々、生臭い事がある。 池の水のようなニオイだ。

飲む前にグラスのニオイを嗅いでみたが・・・ちゃんと無臭だった。

やはり水・・・というか・・・この冷水器のせいなのか?


ミニカツ丼

これで・・・・「ミニ」である・・・・値段も500円と安い!

通常サイズのカツ丼と比べても・・・カツの大きさは同じである。 (実際、丼からカツがはみ出していたほどである・・)

器が、通常のカツ丼の時に使用されている重箱から、丼に変更になっているが・・・ご飯の量も別に少なくもない・・・。

きっと・・想像だが・・・タマネギの量は多少、通常サイズよりは減っているかな・・・と・・。

味は、甘辛味が際だっている。 全部食べ終わる頃には、私としては多少きつく感じるほどの甘辛さだった。

カツ自体は、いつものカツ定食と同じで、カリッと揚がっており、肉はジューシー。 それに、甘辛いタレも、さっと煮た(くぐらせた程度か?)だけのようで、衣のさくさく感は結構残っていて良かった。

 
カツはこの大きさ。

間違っても、量を余り食べられないから、と・・・この「ミニカツ丼」をオーダーすると後悔することになると思う。

あくまでも、付け合わせの小鉢などが省略されただけの事だから。

ただ・・何度も書くが・・・これだけのカツ丼で500円なのは・・・・コスパは非常に高いと思う。

 
ニラ・・・・だけのお味噌汁

ミニカツ丼になって違うのは、この味噌汁が通常サイズの丼よりも小さな・・と、言っても、普通のお椀に入って出てくる事だ。

今日の、具材は、ニラのみ!

潔いほどの簡素な具材。

ニラを味噌汁に・・・・というのは、変わっているように思うが、私としては、ニラが大好物というのもありラッキーだった。

沢山のニラ。 それも煮込みすぎていないので、ニラのシャキシャキ感も楽しめた。
香の物
今日のキュウリは、初めてだが・・・古漬けではなかった。 良かった・・と思って食べたが・・・これは・・・これで・・また独特の味がして・・・ちょっと苦いかなぁ・・・

相棒のナスは・・・相変わらずのクタクタ古漬けであった・・・。

にんじんの漬け物は今回初めて出てきた。 このくらい硬いものだと、余り古漬けにしても影響がないせいか・・・このにんじんが一番美味しかった。
らっきょう

これは・・・サービス品のようである。

もう1つオーダーした「ざるとろろ」のご飯だが・・・おかみさんが「(カツ丼もあるから)もし良かったら、その白ご飯、50円値引きして引き上げるけれど?」と。

「あ・・そうですね・・・」と曖昧な返事をしてしまったら・・「大丈夫なのね?」と・・・

あれ?引き取ってもらった方がいいかな・・・でも、もう雰囲気が・・・・

いいか、食べられるか!と。

そして、そのご飯のおかず、ということなのか、この会話の後に、このらっきょうが出てきた。

大粒のしっかりしたらっきょうだった。 これも自家製のようだ。

つめたく冷えたらっきょうは美味しい。

そばを食べ終わり、残ったトロロをご飯に掛けて、このらっきょうで食べた。


ざるとろろそば

これは前回と同じモノ
(ただ・・小鉢が無い・・・ やはり、内容はその日の気分と、その時に残っている食材で変わるのか?)

デザートはぶどうになっていた。

しかし・・・この店で2つオーダーするのは無謀だ、というのがさすがに今回、気が付いた。

最初にミニカツ丼を食べていたが・・そのカツ丼の途中から「やばいな」状態に。

何とか、デザートを先に食べたり、酢の物を食べたりして、気分を変えていたが、きつかった。

それでも、何とか全部、食べきった・・・

お腹が一杯に近い状態でこのざるとろろに移ったので、前回のように「美味しい」とは全く感じられない。

無理な注文だったようだ・・・。 やはり美味しくて、腹八分目で止めて「また来たいな」と思うのが良いようである。


 
種なしピオーネ

良く冷えて、そして熟成された甘いピオーネ。

結構、量もあって楽しめた。

ただ・・下にある、サービスで出して貰ったみかんは・・・そのままにしてお終いになってしまった。

さすがに、あれ以上、食べたら・・・「リバース」しそうで・・・。