外食日記 本文へジャンプ
2012年11月10日(土曜日) 「とんかつ一」

◆とんかつ一

静岡県下田市東本郷1-13-1 (R414沿い)
0558-22-6407
営業時間/11:00〜20:00
定休日/月曜
駐車場/あり(5台分) ※少し離れています。


チキンライス (750円)、 女性用海老フライ (おかずのみ) (1,150円)

味噌汁

まず料理を頼むとすぐに出てくる。 これを食べながら料理ができるのを待つ。

具はだいこんとわかめ、それに豚肉。 野菜の甘みと豚肉のコクと旨みが出た美味しい味噌汁。

料理が来る前に、既におかわりをしてしまった! (しまった! 調子に乗りすぎた・・・と、この時にはまだ気が付いていない。)


チキンライス

鶏のもも肉、ピーマン、タマネギが入ったチキンライス。 ケチャップの甘みで食が進む。

但し・・・量が多い・・・どうみても・・2合以上はあるご飯の量・・・・・。

 
女性用海老フライ

オヤジさんに聞いてみた。 「おかずだけの追加ってできます?」と。

すると、女将さんが「大丈夫だよ、何でもやるよ」と・・・・。

で、この女性用のおかずのみの海老フライを注文。

女性用、というのは男性用に比べて量が少ない・・はずだった・・・

しかし・・・・巨大な海老が2本、クリームコロッケが2つ。 鶏の唐揚げが4つ。

で、食べ始めようとしたら・・・オヤジがカウンターから赤スパの入ったボウルを持って出てきて、私の皿に強制的に赤スパを入れて戻っていった・・・。

(せめて・・食べてから入れてよ!!!)

 
巨大な海老

頭を除いてあるこの状態で、ちょうど20cmあった。 それに・・・・胴回りも太い! 衣は薄く付いているだけなので、食べでがすること・・・。

しかし、外はカリカリ、中はまだ半生程度か・・・ジューシーな海老の美味しさを十分、堪能できる。

クリームコロッケも甘くて美味しい。 掛かっているデミソース・・・やはり、微妙に何か変わった香辛料が入っているが・・・気にならない。

鶏の唐揚げは、中は柔らかい。 それに生姜の風味が効いていて、これはご飯が進む一品。 (次回は鶏の唐揚げ定食も良いかな、と。)
ミックスフライ
これがこの店の代表メニュー。 

最初に訪問したお客はこれになる、というのも理解できる。 このお皿に、この店の料理がほとんど載っているからだ。

これを食べて、次からはこの中のどれが食べたいか、で料理を選ぶことができる。

メンチが美味しいと思えば、メンチ定食にすれば良い、というように。
カレーライス

定食に半強制的に掛かってくるカレー。

もちろん、要らなければそう言えば大丈夫。


大人のおこちゃまライス
とてもヘビーでハードな内容のおこちゃまライスが完成した・・・。

私は結局、最後、3口ほどのチキンライスが入らずギブアップ。

逆にケチャップの甘みが仇となりきつい。

(前回のドライカレーの方が楽に食べられた。)

 
ハタ皇子のじい
この友人は初めての訪問。

味噌汁をお代わりして、ミックスフライを完食した。
今回の伊豆ドライブは道を間違えてしまった。

沼津インターを降りて「あしたか公園」方面に向かうはずが、一番右端の料金所を出てしまったら、第2東名方面にしか進めず、やむを得ず、そのまま国道1号線を東に少し戻り、246号線を南下して沼津に向かうルートに変更した。

途中、中伊豆に入ると、やけに警官の姿を見るようになった。 半端な数ではない、各交差点に制服警官が4〜5人。 更に、私服警官(腕に「警察」と書かれた腕章を巻いている)も数人。
それが、修善寺から河津近辺までびっしり。 私の見ただけでも、ざっと60〜70人の警官であった。

途中で寄ったお菓子屋さんの人に「警官が多いけれど何で?」と聞いてみると、「育樹祭があって、皇太子が来るからです」と。

下田までは無事に問題なく行け、ご飯を食べてから西伊豆経由で大仁まで戻ろうと思って走っていると、中伊豆に近づいた所で、やはり警官が居て、「中伊豆方面には行けない」と言われる。

仕方ないので、山越えをして西伊豆スカイラインを通り、そのまま沼津に抜ける事に。

そのせいで、大仁で伊豆牛を買えず、更に、大室山近辺にある喫茶店でお茶をする予定も台無しになってしまった。

まったく・・・偉い迷惑である・・・・。