外食日記 本文へジャンプ
2012年11月17日(土曜日) 「ポップコーン」

◆「ビストロ・ポップコーン」

神奈川県川崎市高津区北見方2-8-1

044-811-6677

東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅溝0203川31東急バス10分「正福寺前」バス停110m徒歩1分
JR南武線・東急東横線「小杉」駅溝0203川31東急バス5分「正福寺前」バス停110m徒歩1分

[LUNCH]
11:00〜14:00
[TEA TIME]
14:00〜17:00
[DINNER]
17:00〜22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業

12/30〜1/5他無休

晩秋の魚尽くしディナー(11月から12月19日まで) (4,200円)

レモネード (470円)

これはコースには含まれない。

早く店に着いてしまったので、レモネードを頼んでまったりしていた。

昨日は大雨で、寒かったので暖かいレモネードがちょうど良かった。


秋鮭のムースとクスクスのセルクル仕立て いくらを添えて

相変わらず綺麗な皿に仕上がっている。 これを見るだけでも楽しい。

 
アップで

鮭のムースはとろりとして美味。 下に敷かれたキュウリと大根のシャクシャクした食感との対比も楽しい。

 
サザエとホッキ貝のオーブン焼き

サザエはガーリックバターで焼いてあり、ホッキ貝はトマトソース・・・2種類の味が楽しめる。

ただ・・・サザエの方は肝が無かったのが・・・ちょっと残念・・・・。

バゲット

これは頼めばいくつでも追加をしてくれる。


どんこのナージュ(スープ仕立て)

スープは海老で出汁を取ったようだ。 あっさりとしたトマト味のスープ。 どんこは白身魚特有のあっさりとした味わい。 皮はぱりぱりに焼かれていてこれも良い。


スケソウ鱈と白子のポアレ ワインビネガーソース 下仁田ネギを添えて
白子は当然ながら臭みもなくコクのある味わい。 それに鱈も身が柔らかくプリプリ。

白子のトロトロと鱈のプリプリ・・・この食感の違いを楽しみながら食べられる。


温州みかんのグラニテ
ここで一息。 さっぱりとした甘酸っぱいシャーベットが口の中をリセットしてくれる。

牛サーロインステーキ 秋の野菜を添えて

チョイスできるメイン料理の1品。 (友人がオーダー)

鮟鱇のブレゼ

メイン料理チョイスのもう1品。

鮟鱇の身がプリプリで美味しい。 今回のコースは、トマトソースが多かったが、それでも甘酸っぱいソースはこういう淡泊な魚によく合う。 カブも歯ごたえが楽しめるほどの堅さで、カブ特有の味を損なうことがなかった。

安納芋のムース クレープ包み クランベリーのソース

安納イモのムースはまったり、ねっとりとした甘さ。 上に載っているのはクランベリーのソルベだろう・・・この甘酸っぱさもムースとは別の味わいで楽しめる。

友人のジャスタウェイ