外食日記 本文へジャンプ
2012年11月25日(土曜日) 「友人宅で食事会」

O治家

横浜某所。

魚を中心としたフルコース(Priceless)

刺身盛り合わせ

友人が当日の朝、川崎北部市場まで買い出しに行って、買ってきてくれた新鮮な刺身。

本マグロの中トロ、メジマグロの大トロ、イカ、甘エビ、アジ。

メジマグロの大トロは脂がきつすぎず、とろけるような食感と味わいだった。 ある意味、通常のマグロの大トロよりも繊細な旨みで、こちらの方が美味しい。

イカは肉厚でねっとりとしたイカ特有の味わいが楽しめる。 当然、市場で購入しているので、鮮度はばつぐん。


アールエフワンのお総菜盛り合わせ

これは友人がおみやげに持っていったもの。

内容的に見ると、ワインが合いそうであるが・・・σ(^◇^;)

でも、やはり美味しい。

 
食卓に料理が並び始める

 
豆腐のサラダ

豆腐、レタス、トマト、ブロッコリーのサラダ。 ゴマドレッシングで。 魚料理の合間にこれを食べると、また口の中が変わって良い。

自家製からすみ

近所の寿司屋が自分の所で作っている、という唐墨。 塩分もきつくなく、唐墨本来の卵の旨さが堪能できた。

生の大根に載せて食べる。


クラゲの酢の物。

クラゲ、キュウリ、白髪ネギ、ザーサイが入っていた。

クラゲのコリコリした食感。 そこに野菜のシャクシャク感が加わり、さっぱりした味でいくらでも食べられる。

ザーサイを入れる事でピリ辛も加わって良い感じだった。

 
里芋のすり流し・・・と、言えばいいのだろうか・・・

里芋を潰して蒸してあるのか? そこに美味しい出汁が掛かっている。 出汁には椎茸とぎんなんが。

里芋が更にトロトロになって、そこに美味しい出汁が絡む。 きっちりと出汁を取ったと言っていたが、まさにプロの味であった。 

これは余りにも美味しいのでお代わりをお願いしてしまった。

 
大根の煮物

色を見て貰えれば分かると思うが、大根は中まで美味しいお汁が染みこんでいる。

ゴマ風味の優しい味である。

紀陽軒のシュウマイ

これは私が買っていったおみやげ。
でも、ちゃんと蒸籠で蒸して出してくれた。 こうするといつも食べているシュウマイが中華料理店の一品になったように感じる。


国産黒豚の薄切り

これは、くずきり、白髪ネギと共にしゃぶしゃぶにしてくれた。

 
鍋に張っただし汁

これまた美味いだし汁だ。 カツオと昆布の良い味と香りが。 この中にくずきり、白髪ネギを入れておき、豚肉をさっとくぐらせ、ネギと一緒に食べる。 最高である。 くずきりも良い味の出汁を吸い込んで秀逸。

残った出汁にうどんやそばを入れて食べたかった・・・・。

 
甘エビの頭の味噌汁

刺身で出してくれた甘エビの頭を使って出汁を取った味噌汁。 伊勢エビの味噌汁は何度も飲んだ事があったが、甘エビの出汁は更に繊細な味に仕上がっている。

それでも、海老特有のあのコクが味噌汁に広まっていて美味しい。 ネギがたっぷりなのも嬉しい。

穴子ご飯

ここまで来ると、さすがにお腹がいっぱいになっていたので、遠慮しようかと思った。
が・・食べてみたら・・なんという味だろうか・・・・美味しい。

国産の生の穴子を買ってきたと言っていたが、友人がまず天ぷらにしてくれ、それを甘辛い出汁を混ぜたご飯にまぶしてくれる。

表面が揚げたてで、まだサクサクした食感が残っており、そこにほどよい甘辛さのタレが辛み、ご飯が進むこと。

食べられないはずが・・・・お代わりしてしまった・・・・。

甘エビの頭の味噌汁と穴子ご飯・・・最強の組み合わせである。


コージーコーナーのケーキ

これは私が持っていたおみやげ。

 
ショートケーキ

実は・・・自分用にアップルパイを入れようと思って・・・・忘れてしまった・・・

仕方ないので(?)、ショートケーキをチョイス。

 
友人のO治夫妻

料理の腕をどんどん上げていく・・・・。 ちなみにこの奥さんは、門仲の「芳志」の大将の実のお姉さん。

友人の娘、Nちゃん

御年、21才になる大学生。


モカ

3才になるトイプードル。 私たちが食べている間、足下に来ては「何かくれない?」と催促・・。
終いには、私の足を両手で掻いて、更に甘噛みまでし始めた。

でも、誰も食べるモノをくれないので・・・最後は諦めたのか、この様子。 でも、可愛い。

 
Gおじさん

実は、GおじさんとO治に、元々接点が無かった。 たまたま一緒に飲む機会があり、その後、何度も飲み会を一緒にしていつのまにやら、変わった交友関係に発展した。

こういう出会いも面白い。