外食日記 本文へジャンプ
2012年12月23日(日曜日) 「ポップコーン」

◆ビストロ・ポップコーン

〒213-0005 神奈川県川崎市高津区北見方2-8-1

TEL: 044-811-6677

定休日 年末年始・年中無休
(12/30〜1/5他 無休)

営業時間   [平日]      11:00 - 22:00
        [土曜日]     11:00 - 22:00
        [日曜・祝日]   11:00 - 22:00

クリスマスディナーコース (6,800円) 

フォワグラのテリーヌと野菜のムース キャビア添え
クリスマスカラーのソース


コンソメゼリーの掛かったフォアグラのテリーヌ・・コクがありまったりとした味。 そこにはタマネギで作ったソースが添えてあり、フォアグラの脂を和らげてくれる。

野菜のムースは優しい味。 下に敷かれた生のキウイと上に載ったキャビアと一緒に食べると複雑な美味しさを醸し出す。

真ん中のトマトの中には、海老とサーモンのマリネが入っている。


アップで

この店ではこの最初に出てくる前菜が一番楽しみである。 色々と工夫が凝らされている。

 
舌平目のバプール クリスマス風

舌平目をカリカリに焼き上げてあり、香ばしさが良い感じである。 そのカリカリ感とは対照的に中に包まれたのは、ラタトゥイユだろうか、野菜の滋味深い味が出ていて美味しい。

 
百合根と白身魚のムース入り 越前蟹のブイヨンスープ

百合根と白身魚のムースはふんわりとして優しい味。 いくらでも食べられてしまう。

スープは越前蟹を使っているとの事で、これも蟹の旨みがよく出ている。 問題は・・量が少ないことくらいか・・・。

活けオマール海老のグリエ 彩野菜の白ワインソース

実は、今回、この料理の写真を撮り忘れてしまった。 仕方ないので、去年の写真を持ってきた。

内容は全く同じ。

大ぶりのオマールの身の美味しい事。 特に爪の肉が最高である。


クランベリーのグラニテ

この店でコースをオーダーすると必ず魚料理と肉料理の間に、この「グラニテ」が出てくる。
それこそ、その食材はありとあらゆるモノが使われる(以前は、生姜のグラニテやビールのグラニテなどもあった。)

その中でもこのクランベリーのグラニテは最高の部類に入るだろう。

クランベリーの鮮烈な甘酸っぱさが口直しにはとても良い。

これだけでデザートにして欲しいくらいだ。

 
ローストビーフ(サーロイン) の洋わさび添え
シエフのカットサービス

クリスマスコースの最後は、いつもこのローストビーフをシェフが目の前で切り分けて供してくれる。

今年の肉は美味しくなった。 肉の旨みもそうだが、香ばしく表面を焼いてあり、それが更に味の良さをアップしている。

ホースラディッシュが良く合う。

 
お楽しみ デザート盛り合わせ クリスマス風

リンゴのコンポート、蜂蜜のアイスなど、少しずつ盛り合わせてある。

色々なデザートを少しずつ楽しめる。

アップで

生の金柑の上にサンタが乗っている・・・・・


局長夫婦(右二人)と鴨太郎の嫁さん(左)

 
鴨太郎夫婦

 
局長と私

笑えよ!デブ!f(^ー^;

 
鴨太郎と

なんでこんな怖い顔をしていたのか・・・・