外食日記 本文へジャンプ
2013年7月20日(土曜日) 「ビストロ・ポップコーン」

◆「ビストロ・ポップコーン」

神奈川県川崎市高津区北見方2-8-1

044-811-6677

東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅溝0203川31東急バス10分「正福寺前」バス停110m徒歩1分
JR南武線・東急東横線「小杉」駅溝0203川31東急バス5分「正福寺前」バス停110m徒歩1分

[LUNCH]
11:00〜14:00
[TEA TIME]
14:00〜17:00
[DINNER]
17:00〜22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業

12/30〜1/5他無休

サマーディナー (4,200円)

北海道産 真つぶ貝のヴァプール 夏野菜と共に!
ハーブ入りヨーグルトのシャーベットをソースでどうぞ

大ぶりの真つぶ貝で、味も良い。 上には冷たいシャーベットが載っていて、それをまぶしながら食べる。 いかにも夏の一品。


大分産岩牡蠣のポアレ バルサミコソース

衣をまぶして焼いてあるので、バルサミコソースがよく絡んで美味しい。 洋風の料理なのだが、これだけは白いご飯が欲しくなる味だ。

 
枝豆の冷製クリームスープ

青々とした枝豆の鮮烈な味をそのまま冷たいスープにした、とても爽やかな一品。

 
白身魚と蟹クリームの甲羅焼き ブルノア野菜のソース

甲羅に入っているムースは、とても上品で繊細なかまぼこのような・・・(例えば適切ではないか?)。 とにかく後を引く美味しさである。

上に載っている蟹は・・・お世辞にも美味しいとは言えない・・やせ細った身がない蟹であった。
もしかするとあの身はムースに使った後なのかもしれないが、それでも少しだけ足の皮にへばりついた身は・・味が無く頂けない・・。あれなら無い方が良かったのでは?

ハイビスカスのジュレ

いつもはここで口直しのシャーベットが出るのだが、今回は、私が覚えている限りでは初めてジュレが出た。

ハイビスカスの濃厚な味が堪能できる美味しいジュレだった。

テンダーロインステーキ 温野菜添え

フレンチのフルーコースなので、ここで牛肉を使うのだろうが・・・これは余り特徴が無い。
これ以前の料理がすばらしいだけに、ここでいつも考えさせられてしまう。

これならば、牛肉にこだわらず、鶏肉で美味しいソースにしたらどうなのだろう。 やはりコースの最後は牛肉に決まりなのだろうか・・・。

マンゴーのパンナコッタにココナッツのグラニテ

優しい味のパンナコッタ。 周囲の夏の果物もフレッシュで美味しい。

局長夫妻


佐々木異三郎