2010年12月2日(木曜日)

今日は、ここの所、恒例になってきた、千駄ヶ谷の某企業の福利厚生施設での宴会である。

この企画もだいぶ高校時代の友人達の間で浸透して来たのか、今回の参加者は11名と、今までで最多となった。

時間はいつものように午後6時半。

夜の国立競技場 某予備校勤務 食事前の夜景鑑賞 談笑中 こういう並びで


料理はふぐのコース料理である。

前菜(ふぐの一夜干し、タマゴ豆腐) てっさ(1人前) てっちり てっちりの具材
プラスふぐのひれ酒、大量!
唐揚げ シメのふぐ雑炊 デザートの杏仁豆腐 オプションで握り寿司


数年ぶりに食べたふぐは、やはり美味しかった。

量も十分。 (と、言っても、私はオプションのにぎり寿司を2人前、余分に食べてしまったが・・・・)

会話は、ほとんど高校時代の事ばかり・・・・仕事の話をする奴は皆無。

昔、誰が好きだった、とか・・・まぁ、50過ぎのおっさん達の会話とも思えないものばかり・・・・・

それだけに、昔に戻ったようで楽しかったが・・・・

まずは乾杯を 中国帰りのK(右) その筋の人? まじめそう?
左が今回の主催者 眠そう 借金の依頼か? 税理士のM



2009年9月8日(火曜日)

某大手建設会社の福利厚生施設での宴会の第二弾をやった。(第一弾は下に)

いつものように、友人Yに頼み込んで、予約を入れて貰い。

この日の参加は、4名。 1人、急遽出張になり欠席となった。

そのおかげで、私は料理を2人前食べてしまったのだが・・・・・(;^_^A アセアセ

今回は簡単に料理の写真と出席者を。

秋の料理(松茸とカニ) 4,000円

前菜3品 友人Y 左手首を骨折して3週間めのK 毛ガニの姿蒸し 松茸とタラバカニの鍋
カニ味噌ご飯 友人T デザートの杏仁豆腐

2009年8月4日(火曜日)

今日は高校時代の友人の計らいで、都内某所にある、大手企業の福利厚生施設での宴会の日である。

参加は4人。 

午後4時過ぎに家を出て、中目黒で、その内の1人をピックアップして千駄ヶ谷へ。

途中、ラーメン屋の「ホープ軒」を通り過ぎる。

懐かしい・・・ もう15年ほどになるか・・・来なくなって・・以前はラーメンが食べたくなると、よくこの店に来ていた。

カウンターの上に無造作に置かれたニンニクの入った大きな業務用のボトルとザルに無造作に突っ込まれたネギの山。

それらを、脂でギトギトになったラーメンにぶち込んで食べる。 好きなだけ入れて良いのである。

そして・・・ザッパザッパ食べる。 汗が噴き出し、胃にずっしりと溜まる・・・

あの快感が懐かしい・・・

などとほんの数秒だけ考えて通り過ぎる。

千駄ヶ谷の駅まで500〜600mほど手前に、その施設の入ったビルがあった。

ちょうど隣がコインパーキングなので、そこに停める。

(余談であるが金額を見ると、1時間で800円・・高い・・でも隣にあるので便利なのもあり、覚悟することに・・・)

しかし、午後5時前から9時半過ぎまで停めて、支払いが1,400円であった・・・値下げした、とのぼりが立っていたのは、そのせいか・・・とにかく逆に安く停められた感があった。

午後6時15分。 店に入る。 11階のとても見晴らしの良い場所であった。

目の前に国立競技場、神宮球場などが一望できる。

新宿方面 友人T これも新宿方面 国立競技場 沈む夕日


大企業の接待用の店なのか、とにかくゆったりと豪華に作られていて、人が居ないのがいい。

私たちは友人が予約をしてくれていた、大きな洋室に入った。

14〜15人の人が宴会できるスペースに4人での宴会であるから、贅沢である。

コースは、季節毎に変わるお任せの会席料理である。

8月は、「鮑と鱧」のコースだ。

今回の部屋 付きだし 幹事のY 前述のT オプションの寿司


付きだしは、3品。 穴子とキュウリの酢の物、鮑の塩から、鴨と葱。

どれもきっちりと仕事がしてあった美味。 これなら期待できそうだ。

2品めのお椀は、トロロのすり流しに鱧が入っている。

夏らしい冷たくさっぱりした味だが・・・私の好みとしては、もう少し、出汁の味が立っていてもいいかな・・と。

3品めは、鱧の梅肉、それと巻きエビ、鮑の塩煮、ゼリー寄せ。

鱧をこうやってちゃんとした形で食べたのは初めてかもしれない。

関東は夏は穴子になっている事が多く、京都など関西の人は鱧を珍重する、と言っていたが・・・

梅肉のさっぱりとした味と鱧の白身がよく合う・・・

4品めは、鮎の一夜干しに、トコブシの甘煮、サツマイモの甘煮、枝豆、エビの塩焼き、谷中生姜などが付いて来た。

鮎の塩加減もちょうどよく、頭まで綺麗に焼けているので全て食べ尽くす事ができた。

椀モノ 鱧の梅肉和え 鮎の一夜干し 友人O ナスのピッツァ


5品めは、ちょっと趣向を変えて、洋風の皿が。

ナス・・・(賀茂ナスではなく・・・なんと言ったのか失念してしまった。)にエビなどを載せて、とろけるチーズを載せて焼いてあり、ピッツァのようである。

ナスの甘い事。 

食事は、穴子の押し寿司と冷たい素麺で。

デザートは、アンニンの香りがよく効いた、アンニン豆腐。

ここに写っている寿司は、別注である。 (ちなみに、これで1,000円。)

コースも、4,500円と本当に安い・・・

ただ、申し訳ないが、こうやって紹介したからと言って、誰でもが行ける訳で無いことだけはお断りしておきたい。

食事 デザート 記念撮影 おねえさんと一緒 むさいオヤジだけ


私も友人の配慮で入れて貰っているだけなので。 

9時半が閉店時間と、飲むにはちょっと短いかとも思ったが、それでも3時間、のんびりできた。

最後にみんなで記念撮影をして・・・ついでにウェイトレスの可愛いお姉さん達も巻き込んでの写真撮影に・・・。


To Home!